title
rogo
所在地

営業時間
休業日
tel/fax
E-mail

652-0896
神戸市兵庫区須佐野通1-2-9-102
10:00-17:00
土・日・祝日
078-682-7799
info@uzulab.info

 

info
ウズラボについて

topics
最新情報とお知らせ

works
ウズラボのおしごと

books
おしごといろいろ

kodomo
こどもウズラボ

text
ウズラボのつぶやき

 

 

 

ウズラボのおしごと2014

 
 

<ミマモリ>をシェアする家

pana01

pana02

例えば郊外住宅地の10年後について考えてみる。
今回対象となっている敷地が1970年代に開発されたとして、初期に入居した第一世代は2014年現在でおおよそ60歳から70歳になる。10年後にはみんな後期高齢者だ。アクティブシニアとして生活を満喫している人もいれば、日々の暮らしにいろいろと不都合が生じている人もいるだろう。場合によっては子世帯に家を譲って田舎暮らしをしているかもしれない。
ある程度限られた層が暮らす場としての郊外住宅地は終焉を迎え、入れ替わりで入った新しい家族の割合が増え、多様な世代の多様な価値観が同じ地域に共存する状況は加速するだろう。その一方で、少子化傾向に歯止めがかかることは期待できない。30代から40代の働き盛りの親たちは、子育てと親の介護という2つの大きな役割を担うことになる。経済的負担も大きいことに加え、子育てしながら働く環境も整いつつあることから、共働きになるケースが多いだろう。
そう考えると、こどもたちや高齢者をどのように見守っていくのか、ということが大きな問題として浮上してくる。そこで、働き盛りの親世代だけではなく、おじいちゃん、おばあちゃん、ご近所を含めた地域の人びと、そして成長したこどもたちを巻き込んで見守りをシェアするという発想が有効性をもつようになるだろう。互いに適度な距離を保ちながらも境界を越えてつながりあえる、そんな<ミマモリ>のカタチをシェアできないだろうか。
みんなが互いに<ミマモリ>ながら安心して暮らせる町づくりにつながる。テクノストラクチャーのフレキシビリティは、そんな<ミマモリ>を支える骨格としての役割を担う。 例えば郊外住宅地の10年後について考えてみる。
今回対象となっている敷地が1970年代に開発されたとして、初期に入居した第一世代は2014年現在でおおよそ60歳から70歳になる。10年後にはみんな後期高齢者だ。アクティブシニアとして生活を満喫している人もいれば、日々の暮らしにいろいろと不都合が生じている人もいるだろう。場合によっては子世帯に家を譲って田舎暮らしをしているかもしれない。
ある程度限られた層が暮らす場としての郊外住宅地は終焉を迎え、入れ替わりで入った新しい家族の割合が増え、多様な世代の多様な価値観が同じ地域に共存する状況は加速するだろう。その一方で、少子化傾向に歯止めがかかることは期待できない。30代から40代の働き盛りの親たちは、子育てと親の介護という2つの大きな役割を担うことになる。経済的負担も大きいことに加え、子育てしながら働く環境も整いつつあることから、共働きになるケースが多いだろう。
そう考えると、こどもたちや高齢者をどのように見守っていくのか、ということが大きな問題として浮上してくる。そこで、働き盛りの親世代だけではなく、おじいちゃん、おばあちゃん、ご近所を含めた地域の人びと、そして成長したこどもたちを巻き込んで見守りをシェアするという発想が有効性をもつようになるだろう。互いに適度な距離を保ちながらも境界を越えてつながりあえる、そんな<ミマモリ>のカタチをシェアできないだろうか。
みんなが互いに<ミマモリ>ながら安心して暮らせる町づくりにつながる。テクノストラクチャーのフレキシビリティは、そんな<ミマモリ>を支える骨格としての役割を担う。

※この作品は、第1回テクノストラクチャー住宅設計コンペティション(2014)にて佳作となりました。



 


 

face

ウズラボのおしごとTOP

2016
山之内元町長屋

2015
ウズラボの小屋づくり
ともにわ長屋
嶋屋喜兵衛商店第一期

2014
<ミマモリ>をシェアする家

2013

いきている長屋

2012
光と風が通り抜ける家

2009
木材加工所事務所棟+集合住宅改修5カ年計画
エイジング・イン・プレイス
スキ間に住まう


2008

1m+1mの[歩育空間]
図解ニッポン住宅建築
・祭りのしつらい


2006
9坪ハウスひっくりかえる
小さくすむ家
椅子さがし建築めぐり


2005

いちょうのいえ
N医院
外皮と内皮


2004

UZU-s(住居 > オフィス)
UZU-z


2003

フリーマーケット計画
・図説 建築の歴史


2002

日曜家具1


2001

・変貌する美術館


2000

The Jump of Thought(考え事の跳躍)




Copyright(C) 2006-____uzulab All Rights Reserved.