title
rogo
所在地

営業時間
休業日
tel/fax
E-mail

652-0896
神戸市兵庫区須佐野通1-2-9-102
10:00-17:00
土・日・祝日
078-682-7799
info@uzulab.info

 

info
ウズラボについて

topics
最新情報とお知らせ

works
ウズラボのおしごと

books
おしごといろいろ

kodomo
こどもウズラボ

text
ウズラボのつぶやき

 

 

 

ウズラボのおしごと2016

 
 

山之内元町長屋

敷地のある山之内元町は、古くからの荘園地として人々の生活が営まれてきた地域である。地主も多く、長屋に関わらず、古い建物がたくさん残っている。迷路のように入り組んだ集落のなかで、周辺に比べると少し開けた場所に山之内元町長屋はある。
建築から約80 年を経るなかで、煙抜きのためのトップライトが塞がれ、真壁から大壁へと改装され、部分的に小壁が取り払われていた。歴史を刻むさまざま変化を受け入れながら、新しい暮らしを受容するためにプランニングを整えるとともに、耐震補強、屋根の軽量化、設備の更新をともなう改修をおこなった。
建築当初の間取りを読み取り、それを尊重しつつも、既存の状態よりも部屋の境界線を明確にして、4つの個室を田の字型に配置した。
田の字型プランに対して、図と地の関係となるような土の字型の空間が入り込んでいる。
土の字型の部分は、小壁による仕切り、床のレベル差、吹抜による天井高さの変化など、既存の間取りがもつ要素をそのまま残しつつ、田の字型の均質性に対峙する不均質な空間となっている。私室に近い場もあれば、外部に近い場もあり、暮らし方によって柔軟に対応できる場となっている。
2住戸の庭はつながれ、玄関までのアプローチとして活用する。また、界壁に設けた仮設壁を取り除くと4人でのシェア居住が可能となる。長屋特有の人のつながりを引き継ぎつつ、現代の住まいとして生まれ変わった。

yama03山之内元町長屋の外観

yama11
2つの長屋の界壁が一部取り払われ、空間的な拡がりをつくった

yama13
隣り合う住戸につながる場所にトップライトからの光が降り注ぐ

yama16
庭側から土間を介して南側の前面道路方向をみる

yama21
長手と短手の両方に空間が拡がることでシークエンスを作り出している

yama23
床レベル、土間レベル、垂壁、天井というさまざまな高さレベルが空間に多様性を与えている

yama24
長手方向に土間から庭をながめる

yama30
北側の庭の様子

(写真撮影:多田ユウコ)

※この作品は『新建築2017年2月号』『JA103 AUTUMN 2016 まちのはじまり』に掲載されました。



 


 

face

ウズラボのおしごとTOP

2016
山之内元町長屋

2015
ウズラボの小屋づくり
ともにわ長屋
嶋屋喜兵衛商店第一期

2014
<ミマモリ>をシェアする家

2013

いきている長屋

2012
光と風が通り抜ける家

2009
木材加工所事務所棟+集合住宅改修5カ年計画
エイジング・イン・プレイス
スキ間に住まう


2008

1m+1mの[歩育空間]
図解ニッポン住宅建築
・祭りのしつらい


2006
9坪ハウスひっくりかえる
小さくすむ家
椅子さがし建築めぐり


2005

いちょうのいえ
N医院
外皮と内皮


2004

UZU-s(住居 > オフィス)
UZU-z


2003

フリーマーケット計画
・図説 建築の歴史


2002

日曜家具1


2001

・変貌する美術館


2000

The Jump of Thought(考え事の跳躍)




Copyright(C) 2006-____uzulab All Rights Reserved.